宮崎市の学習塾「栄進」は中学受験、高校受験、大学受験
を控えた生徒をサポートし、第一志望校合格に導きます!

合格体験記

笑顔の春を迎えて(T.Mさん)

東京女子大学現代教養学部人間科学科心理学専攻、聖心女子大学文学部心理学専攻、白百合女子大学文学部児童文化学科発達心理学専攻、神戸女学院大学人間科学部心理・行動科学科 合格

私がこの合格体験記を書くのはこれで三度目となる。
小四で入塾し、宮大附属中、西高の理数科と順調に夢へのステップを踏んでいた。しかし高校生になってからは苦難の連続だった。
元々苦手だった数学は進度の早さについていけなくなり、加えて物理や化学も苦手教科となった。
だがこれだけ理系教科の成績が悪いのにも関わらず、私は理系の仕事に就くことがいいのだろうという漠然とした考えだけで理系クラスを選択してしまった。
結局、高三になってからも日々の課題や中間、期末考査の勉強に追われた。本当は興味のあった臨床心理学の分野を学びたいという思いを両親に伝えたのは、夏休みも終わろうかという頃だった。
そこからようやく文転に到ったのだ。急いで希望学科を設置している大学を調べ、パンフレットを取り寄せ、教科を絞って受験できる私大を自分の偏差値と照らし合わせて決定した。
とは言え、それから文系教科を集中的に勉強できたわけではなかった。
11月の末まで学年末考査があり、受験に直接関係のない数Ⅲや基礎ではない化学の勉強も続けねばならなかった。
受験に集中できないというのは本当に辛かった。そして私の本格的な受験勉強といえる勉強は12月から始まった。
普通ならば大学受験自体が絶望的な状況下で、何としても合格をと言って下さる先生方の励ましにどれだけ救われただろうか。
また、先生との会話の中で私の視野は確実に広がった。たった一年前まで県外に出るという発想すらなかった私が東京の大学を受験することを決心できたのも、栄進で出会った先生のお陰である。
他にも貴重な時間を割いて自作の問題を作って下さったり、「周りの四人に勝てばいい」という思わず笑ってしまうような激励の言葉をかけて下さったりと、暗くなりがちな気持ちを常に明るくして頂いた。
この三年間は、勉強が成績につながらない悲しさで涙を流すこともあり、心が折れそうにもなった。でもその度に家族に温かく支えられ、先生方に引っ張って頂いた。
三年前の合格体験記に私は「精神力」という言葉を用い、信念をもって大学受験に邁進したいと結んでいた。
今、受験を終えて振り返ると、私の「精神力」を保ち、可能性を見出して下さったのも全て栄進の先生方だった。
後悔のない受験というのは、大変難しいことだとは思う。しかし自分が何を学びたいかということに気付くことのできた私は、まさしく笑顔で三度目の春を迎えられた。
最後に「九年間、お世話になりました。本当にありがとうございました。」

苦手を克服(G.Rくん)

宮崎大宮高校文科情報科 合格

部活を引退した直後の夏休み、私は栄進中央校の個別指導部に入塾しました。
それまで部活しかしていなかったというのもあり、成績が徐々に下がっていることを感じたからです。
塾では、苦手であった国語と英語をおもに教えていただきました。
国語は特に苦手意識が強く、はじめは勉強の仕方さえもわかりませんでした。
しかし、学校では習うことのできないような、「解き方のコツ」を教えていただいたことで、解けるようになっていっていることが自分でも分かりました。
そして、最後の地区実力テストでは、自分でも信じられないほどの成績をとることができました。
その頃には、国語にも、英語にも、苦手意識は無くなっていました。英語にいたっては、得意教科になっていたようにも思います。
その後も成績を下げることなく、私は第一志望の高校に合格することができました。
今改めてふりかえってみると、私が高校受験に成功することができたのは、できていない部分に的を絞った学習をしていただいたことにあると思います。
これからは、自分でも間違えた理由をしっかりと分析し、苦手を克服できるようがんばります。
入塾から受験までの約半年間、本当にありがとうございました。合格を勝ちとることができたことを、本当に感謝しています。
これからも、三年後の大学受験に向け、どうぞよろしくお願いします。

合格かく得(S.Tくん)

宮崎西高附属中学校 合格

ぼくが栄進中央校の個別指導部に入塾したのは、受験を志している人なら、仕上げの段階へ進もうといていたころだと思う。
ぼくは、Z会の中高一貫コースを受講していた。しかし、自分の解答と答案を見比べてもどのくら点数がとれているのか自信が持てなかった。
そんなとき、参加した西附中のオープンスクールで数名の人に話を聞いてみた。塾には行かなかった人もいたが、行っていた人たちはみな栄進と答えた。
このことからぼくは母と相談しに行くことを決めた。
個別指導部の先生方は、西附中出身の方が多くて、勉強のアドバイスはもちろん、西附中の学校生活のことなども教えてくれて、ますます合格への意欲が高まった。
難しい問題はぼくが理解できるまで教えてくれた。点数が悪かったときも、やさしくはげましてくださった。また、面接の練習のときは、声の大きさ、内容など細かいところまで指導していただいたり、面接のコツなども教えていただいた。
ぼくが、西附中に合格できたのは、個別指導部の先生方がきめ細かい指導をしてくれ、とても真剣にぼくと向き合ってくれたからだと思う。

個別の先生との出会い(H.Mさん)

宮崎第一中学校、鵬翔中学校、宮崎日大中学校 合格

私が栄進中央校の個別に入塾したのは、六年生になった頃でした。
それまでは、三年生から五年生の九月まで他塾の集団教室に通っていました。
もともと、宮大附属小に在校していたので塾で勉強しながらも、五年生の中頃にそのまま、宮大附属中に上がることに決め、塾は、中学生になってから行けばいいと考え、塾に通うことを辞めてしまいました。
でも、そこから私の気持ちの変化が現れ始めました。塾を辞めた後、あれだけ勉強していた私がほとんど勉強しなくなり、テストがなくなり気持ちは楽になったけど、何故か学校の問題だけでは物足りなさを感じ、もっと難しい問題も解いてみたいと思い始めていました。
母に相談し家庭教師の先生に来てもらったり、自宅でできるネット塾を申し込んだり、自宅で勉強する方法を色々試していました。そうした中六年生に上がる頃、自分の中でやっぱり受験をしたい気持ちがふつふつとわいてきました。
「私、附属中には上がらない」「他校を受験する」とまたまた母に相談。そして、私の中学受験のための勉強が始まりました。
栄進個別の先生との出会いは、私にとってとても良いものでした。
先生方のおかげで楽しく勉強をすることができ、受験というプレッシャーも感じる事なくマイペースで勉強することができました。
そして、目標にしていた私立中学の三校全て全特待資格を取り、自分の行きたかった学校の合格をもらうことができました。
合格した今、受験をしない…また受験をする…右往左往する私の気持ちの変化に、その都度対応してくれた両親と栄進個別の先生方にとても感謝しています。

ページの先頭へ