宮崎市の学習塾「栄進」は中学受験、高校受験、大学受験
を控えた生徒をサポートし、第一志望校合格に導きます!

合格体験記

逆転(M.Yくん)

宮崎大宮高校文科情報科 合格

合格率四パーセント。E判定。担任の先生からは、「悲しむ顔が見たくない、志望校を変えたほうがよい」と言われ続けてきた。
親、先生、友達、だれもが、合格は夢のまた夢だと思っていた。
私はそれが悔しくて悔しくて、必ず合格して、自分を受からないと決めつけた人たちを見かえしてやろうと思った。それが私が本気で志望校に向けて頑張ろうとしたきっかけであった。
しかし、志望校に合格したいという思いがどんなに強くなっても何をすればよいか分からず、成績不振のまま、途方に暮れていた。
一人で悩み、友達と話すことも減り、夜も遅くまで受験のことを考えてしまい、生活のリズムをくずし、体調不良になることが多かった。
志望校をあきらめることも考えた。そんなとき、私を助けてくれたのが、栄進・花ヶ島校の先生だった。
頭をかかえて塾に立ち寄った私に、温かい言葉をかけてくれ、私が今何をすべきなのか、私は何を目指していたのかということに気づかせてくれた。
三月十九日、自分の番号のかかれた受験票と、合格者の番号のかかれた掲示板を何度も何度も見比べ、自分が合格だと分かったときには、言葉にできないほどの喜びがこみ上げてきた。
私は、合格することで、自分を受からないと決めつけた人たちを見かえしてやることができた。しかし、それ以上に、一つの目標を定め、最後までやりきったということに達成感を感じていた。
私は、この受験戦争を通して、自分はまわりの人に支えられているということに、改めて気がついた。
私は、寝る時間、遊ぶ時間を惜しんで、一つでも多くのことを学ぼうとした。最後まで、だれに何を言われようと、ただ志望校だけを見て走ってきた。
自分は受験に向けて、ベストを尽くせたと思う。しかし、合格できたのは自分の力だけではない。自分のために一生懸命働いてくれた親、これまで切磋琢磨してきた友達、そして、長い間私をおいて育ててくれた栄進のおかげであると思う。私の受験に関わったすべての人に心から感謝したい。
合格は通過点であると父が言っていた。県内トップクラスの高校学科にもぐりこめた、このチャンスをむだにしたくはない。
今回、合格という目標に向かって、窮地からの逆転を果たしたように、大きな夢をもって、自分の描いた理想像に一歩でも近づけるよう、日々努力を重ねたい。

苦悩を乗り越えて(S.Rくん)

宮崎北高校サイエンス科 合格

僕は成績を上げるために栄進に中学二年生のときに入りました。
最初は成績が伸び悩んでいた頃があり、数学だけAクラスにしてもらって、じっくり勉強に取り組みました。それでも思ったようにはいかず、自分の中で葛藤の日々が続きました。
たまに勉強が嫌になって投げだしそうになったこともありました。それでも真面目に塾に行き、夏講習もしっかり受けましたが、夏休み明けて二回目の定期テストで自己最低の番数をとってしまいました。
これをきっかけにこのままじゃだめだと思い、一生懸命勉強し、中二の一月にあった第一回地区実力テストで自己最高の番数がとれ、一気にモチベーションがあがりました。
中学三年生になり、受験の年になりました。
ますます授業の内容が難しくなっていき、精神的に追いつめられ、体調をくずしたりもしましたが、それでも一生懸命勉強をして、そのあとの実力テストや統一模試では志望校に合格できる安定した番数をとることができるようになりました。
しかし、問題が一つ残っていました。それは志望校の選択です。
僕は大宮高校普通科か北高校サイエンス科で迷っていました。しかし、自分の将来の夢のことを考えると北高校サイエンス科が自分にあっていると思い、そこを志望しました。
そしてついに入試を迎えました。今までの成果を十分に発揮することができ、無事合格することができました。今はすがすがしい気持ちでいっぱいです。
これらの経験を通して、家族や学校・塾の先生方などの協力のおかげで合格できたと思います。今は感謝の気持ちでいっぱいです。

自分を信じて(H.Mさん)

宮崎西高校理数科 合格

「あった!!」合格発表の日、自分の受験番号を見つけて思わず叫びました。そしてすぐに、大きなうれしさがこみ上げて、笑顔と同時に涙が出ました。
本当にうれしくて「頑張って良かった」と心から思いました。
私は、中学2年の9月に栄進花ヶ島校に入校しました。入校したのは、自分の目指す高校のレベルが高かったこと、成績の乱高下が激しかったことがあったからです。
しかし、塾に通い始めたからといって、すぐに成績は安定しませんでした。
それでも、私は「絶対にこの高校に行く!」という強い気持ちを持ち続け、家に帰ってからも塾での授業を振り返って覚えたり、分からない所は分かるようになるまで徹底的に勉強しました。
そして、中学2年の2月、初めての地区実力テストで地区3位という結果を残すことができました。
このことで「頑張れば、必ず結果は出せる」ということを強く実感し、さらにやる気がわきました。
中学3年生の夏休み以降は、部活も終わって、塾での特訓が始まり、本格的な受験勉強が始まりました。
私は、社会が全くできず、大嫌いでした。しかし、この特訓というバックアップがあったおかげで、成績を伸ばすことができました。
模試やテストでは、良い結果が出ないこともたくさんありました。
入試直前の対策テストでも、プレッシャーに負けて悪い結果しか出ませんでした。でも、絶対にあきらめずに自分を信じて最後まで頑張りぬき、受験当日は、自信を持って臨むことができました。
また、この合格という結果は、塾の先生方、学校の先生方の教えや、家族の協力・支えがあったからこそ得ることができたのだと思います。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
私は、志望校に合格しましたが、これはゴールではなく通過点だと思っています。ゴールはまだまだ遠くて見えていませんが、次なる通過点に向かって、さらに努力をし続けていきたいです。
最後に、私の恩師から教えていただいた言葉を送ります。
「努力は必ず報われる。もし報われない努力があるのだとしたら、それは本当の努力とはいえない。」

志望校合格に向かって(K.Aさん)

宮崎大学附属中学校 合格

私が宮大附属中を目指そうと思ったのは、六年生になってすぐのころです。それからすぐに、栄進に入りました。
私は宮附に受かるために、まず自分の得意教科と苦手教科を確認しました。
私の場合、得意なのは国語、苦手なのは算数でした。
そこで、その二つを特にがんばりました。苦手なものを努力するのは当然です。得意なものも努力するのは、自分に自信をつけるためです。
どんどん勉強してテストでいい点をとって、他の教科もできるかも、と思えて、苦手な教科に対する苦手意識もなくなり、その教科に前向きに取り組めるようになりました。
また、そうなるためには、栄進も必要でした。
どの教科もとても理解しやすく、非常に速く苦手意識が消えました。また、模試のあとにある解説授業も、本番の試験のような問題が完全に分かるようになるまでてっていされていて、理解するスピードが私自身の体感でとても速かったです。
模試の結果がランキングに出るのもいいです。順位が下だと落ちこむかもしれません。でも、もう二度とそんな点数をとらないようにと必死になって、次の模試では上位に入っていて、また勉強をがんばろうと思えました。
今年宮附や私立などを受けるなら、まずは得意な教科からがんばってみるといいと思います。その教科でランキングの五位以内、十位以内に入り、それ以外のものもがんばろうという気になれたらいいと思います。
また、自分から進んで勉強するというのも大事なのではないでしょうか。親や先生におしつけられてする勉強より、自分からする勉強のほうが成長するのは分かるのではないでしょうか。
自分なりにやる気の上がる勉強法を見つけ、第二志望や第三志望ではなく、必ず第一志望に合格できるような成績を常におさめることができるようになれればいいのではないかと思います。

ページの先頭へ