宮崎市の学習塾「栄進」は中学受験、高校受験、大学受験
を控えた生徒をサポートし、第一志望校合格に導きます!

合格体験記

塾と友達の存在(E.Kさん)

宮崎西高校普通科 合格

私は最初、塾になんて行かなくても勉強できると思っていました。
しかし、中一の四月から六月にかけての二ヶ月間、私は面倒だったせいか、勉強に手を伸ばすことができませんでした。
心配になって、慌てて入塾したものの、成績はあまりのびず、逆に悪くなる一方でした。
しかし、夏講習を機に友達が増え、同時に競争心も芽生え、やっと勉強にも取り組むことができるようになりました。
幾度となく友達と競争していって、あっという間に受験シーズンが到来。
塾もだんだんハードになって、私にもだんだん疲労がたまっていきました。
続けていけるか、受からないんじゃないか、とネガティブに考えることもありました。
でも、そんなときにそばにいてくれたのが友達でした。
私は、友達がそばにいてくれたから勉強ができ、志望校にも合格することができたと思うので、感謝したいです。

絶対にあきらめない(M.Hさん)

宮崎西高校普通科 合格

不安と緊張と少しの期待が入り交じって訪れた合格発表当日。
自分の受験番号を見つけた時の言葉に表しきれない喜びは想像を絶するもので一生忘れることのできない一日となりました。
私がこんなにうれしい気持ちになることができたのも自分自身を変えることができたからだと思っています。
自分を変えるきっかけは塾にあります。私は栄進大塚校に通っていました。
成績が下がり入塾した二年生の夏。私の受験勉強はここからスタートしました。
思うように成績がのびず学校の先生からは何度も志望校を変更するように言われました。
私はその時本当に悔しくて、「絶対に合格して先生を驚かせる。」という思いがいっそう増しました。
それだけでなく塾の先生は前の生徒の話をして下さいました。
それは私と同じ状況の中最後まであきらめずに取り組んだ結果合格したという話でした。
私はその時から、私も先生が次の学年に話す材料になりたいと思いました。
このようなことが私が宮崎西高校を目指したきっかけです。
学校の先生や両親、そして毎日夜遅くまで、私が理解するまで教えて下さった、塾の先生方に感謝しています。
「受験は団体戦」とよく言います。今回その言葉の意味を身にしみて感じました。
栄進で勉強することができて本当によかったです。
これからもこの気持ちを持ち続けて、何かつまずいた時には成功した受験勉強を思い出します。

勉強以外も学ぶ受験勉強(N.Yくん)

宮崎第一中学校、宮崎西高附属中学校 合格

ぼくが中学受験をしたいと思ったのは、五年生のころの夏休みでした。
同じ習い事をしている先ぱいが、西高附属中という、合格するのが難しい中学校に合格したと聞いたことが、中学受験をしたいと思ったきっかけでした。
そして、学校の友達に、「中学受験って知ってる?」と聞きました。すると、「おれ、西附と宮附を受ける。」とか、「私、第一を受ける。」とか、中学受験をする人が、思ったより多くいました。
そして、「中学受験をしたい。」と家に帰ってすぐに、母に言いました。母は色々な塾について、母の友達に聞き、ぼくに合っていそうな「栄進・進学教室大塚校」に連れて行ってくれました。
そこで体験授業を受けてみると、想像していた塾よりも先生が優しく、面白かったです。ぼくは、この塾で勉強したいと思い、入塾しました。
入塾し、成績は目に見えて上がりましたが、「夏休み位から山のように宿題が出る。」と言って他の塾で頑張っている友達を見て、あせったこともありました。なぜなら、栄進・進学教室大塚校の先生は優しく、塾の宿題に追われることはなく、勉強が楽しかったからです。それでも、ぼくは栄進・進学教室大塚校が好きだったので、絶対にこの塾で合格すると決めて、宿題以外でも受験勉強を頑張りました。
受験勉強をしていると、勉強以外でも学ぶことがありました。「自分は周りの人の支えがあることで、受験をすることができている。だから、周りの人に感謝することが大切。」などです。
周りの人の支えがあったから、ぼくは中学受験をしたり、中学受験で合格したりすることができました。
この文を読んでいる人は、受験勉強を頑張る人や頑張っている人だと思います。つらいこともあるかもしれませんが、周りの人への感謝なども忘れずに、合格へ向かって頑張って下さい!

ページの先頭へ