宮崎市の学習塾「栄進」は中学受験、高校受験、大学受験
を控えた生徒をサポートし、第一志望校合格に導きます!

合格体験記

志望校合格に向かって(K.Aさん)

宮崎大学附属中学校 合格

私が宮大附属中を目指そうと思ったのは、六年生になってすぐのころです。それからすぐに、栄進に入りました。
私は宮附に受かるために、まず自分の得意教科と苦手教科を確認しました。
私の場合、得意なのは国語、苦手なのは算数でした。
そこで、その二つを特にがんばりました。苦手なものを努力するのは当然です。得意なものも努力するのは、自分に自信をつけるためです。
どんどん勉強してテストでいい点をとって、他の教科もできるかも、と思えて、苦手な教科に対する苦手意識もなくなり、その教科に前向きに取り組めるようになりました。
また、そうなるためには、栄進も必要でした。
どの教科もとても理解しやすく、非常に速く苦手意識が消えました。また、模試のあとにある解説授業も、本番の試験のような問題が完全に分かるようになるまでてっていされていて、理解するスピードが私自身の体感でとても速かったです。
模試の結果がランキングに出るのもいいです。順位が下だと落ちこむかもしれません。でも、もう二度とそんな点数をとらないようにと必死になって、次の模試では上位に入っていて、また勉強をがんばろうと思えました。
今年宮附や私立などを受けるなら、まずは得意な教科からがんばってみるといいと思います。その教科でランキングの五位以内、十位以内に入り、それ以外のものもがんばろうという気になれたらいいと思います。
また、自分から進んで勉強するというのも大事なのではないでしょうか。親や先生におしつけられてする勉強より、自分からする勉強のほうが成長するのは分かるのではないでしょうか。
自分なりにやる気の上がる勉強法を見つけ、第二志望や第三志望ではなく、必ず第一志望に合格できるような成績を常におさめることができるようになれればいいのではないかと思います。

ページの先頭へ