宮崎市の学習塾「栄進」は中学受験、高校受験、大学受験
を控えた生徒をサポートし、第一志望校合格に導きます!

合格体験記

苦しみながらも頑張れた自分(N.Sくん)

宮崎西高校普通科 合格

僕は宮崎西高校普通科を合格することができました。しかし合格するための道のりは険しくとても苦しいものでした。
僕は中学三年の春に栄進青葉校個別指導部という塾に入りました。
しかしまだ入った当時はあまり高校に合格するという意識はなく何気なく自分の学力を上げるために日々毎日通っていました。
しかし9月のテストで最低点数を出してしまい正直やばいと思い、本気で高校に合格するための勉強という形で塾に通うことにしました。
しかし自分が捨てた時間は大きいものであり、受験直前までなかなか上がることもありませんでした。しかし僕はあきらめませんでした。
とにかくテストをうけてはすべての教科のやり直しをし、今後の勉強の仕方なども改善し、テストの取り組み方も先生方と考えました。
なので僕は必ず自分は力がついていると信じていました。しかし僕はネガティブ思考であり、心配性なので、勉強するものの日々不安や苦しみにたえていました。
私は先生に言われたことはやり続けました。
国語や英語ではファイルを作り地区実力テストや県統一テストなどの過去問を毎日解き、やり直しもしていました。
数学でもファイルを作り、1日第問を1つ解いては、先生に丸つけをしてもらいやり直しを先生と一緒にしていました。
社会は正直なにもしていません。しかし理科はどの教科よりも一番やり込みました。中学一年から三年までの範囲をすべてノートにまとめ、寝る前や暇なときにずっと読んでいました。
塾でもノートを先生に預け出された問題を口答でこたえていました。この各教科の勉強の仕方と実トレなどのテストのやり直し、勉強などが僕の受験勉強でした。
こんな事をしながらも僕は正直ずっと不安でした。そしてあまり成績はのびず、志望校を大宮から西校に変更しました。とても悲しかったです。
大宮という高校から逃げたと思う時もありました。しかしその反面、西高に必ず入り上位をとると心に誓っていました。
そして受験では自分なりはとてもいいパフォーマンスはできませんでしたが自己採点では自己ベストをたたき出すことができ、見事合格することができました。
しかしあまり自分は喜ぶことはできませんでした。なぜならいまからが本当の受験だと思っていたからです。
いまは高校の勉強をだれよりも早く勉強しています。自分にとってこの中学3年の一年間はとても自分の身になる一年でした。
喜びもあれば苦しく不安なときもあり悲しいときもありました。僕はいつも不安で胸がいっぱいでした。家では正直あまり勉強はしませんでしたがとにかく塾には早く行き夜遅くまで一生懸命がんばることができました。
今の自分は不安ということにたえ、一生懸命に努力したのであると思います。自分は誰よりも努力した自信があり、この先も努力する自信があります。
この受験の時期に学んだ事は自分にとっての宝であり、財産です。

ページの先頭へ