宮崎市の学習塾「栄進」は中学受験、高校受験、大学受験
を控えた生徒をサポートし、第一志望校合格に導きます!

合格体験記

合格かく得(S.Tくん)

宮崎西高附属中学校 合格

ぼくが栄進中央校の個別指導部に入塾したのは、受験を志している人なら、仕上げの段階へ進もうといていたころだと思う。
ぼくは、Z会の中高一貫コースを受講していた。しかし、自分の解答と答案を見比べてもどのくら点数がとれているのか自信が持てなかった。
そんなとき、参加した西附中のオープンスクールで数名の人に話を聞いてみた。塾には行かなかった人もいたが、行っていた人たちはみな栄進と答えた。
このことからぼくは母と相談しに行くことを決めた。
個別指導部の先生方は、西附中出身の方が多くて、勉強のアドバイスはもちろん、西附中の学校生活のことなども教えてくれて、ますます合格への意欲が高まった。
難しい問題はぼくが理解できるまで教えてくれた。点数が悪かったときも、やさしくはげましてくださった。また、面接の練習のときは、声の大きさ、内容など細かいところまで指導していただいたり、面接のコツなども教えていただいた。
ぼくが、西附中に合格できたのは、個別指導部の先生方がきめ細かい指導をしてくれ、とても真剣にぼくと向き合ってくれたからだと思う。

合格への道(F.Kくん)

福岡大学附属大濠中学校、西南学院中学校 合格

私は、六年生の十月に、福岡の中学校を受験することを決めました。それまでは、宮崎の中学校を受験しようと思っていました。なぜ福岡かというと、父の仕事の関係で福岡に引越することになったからです。
いきなり福岡の中学校になったので、少しあせりました。これまでとは全く違う傾向なので、過去問をテキストとして個別指導部に行きました。
個別では、分からない問題や解き方があると、その時にすぐ先生に聞けるので、苦手が、だんだん減っていきました。
過去問をする時に時間を本番と同じように区切ってしていたので、時間の配分、解き方にも気を配りました。
最初の時は、分からない問題があると、どうしても、たくさんの時間をかけて解こうとしてしまい、残りの解けたはずの問題を解けずに時間切れということも少しありました。
なので、どうしても分からない問題は、三分考えて次に移るというふうにできるだけ解き、点を落とさないようにしました。もっと言えば、いったんあきらめることも割と大切だと思います。
志望校を決めて三ヶ月、一生懸命頑張って、第一志望校と第二志望校で合格することができました。
家で苦手を見つけて塾で、その苦手を一つずつ、つぶしていき、合格することができました。
これからも解けない問題がでて来るので、分からないままにしないようにしたいです。

感謝(Y.Sくん)

日向学院中学校 合格

ぼくは、五年生の終わりに栄進に入りました。
最初のころは、少しきんちょうや不安があったけどだんだん来ていくうちに、先生ともふつうに話せるようになり、毎週塾に行くのが楽しくなりました。
そして、十月に奨学生テストがありました。ぼくは、会場で、ものすごくきんちょうし、「奨学生になれるかな。」「なれなかったらどうしよう。」と思いましたが、先生が、
「テストがんばってね。」
と言ってくれたので、ぼくは、がんばろうと思い、そして、奨学生になりその時にはとてもうれしく、今でも先生に感謝しています。
そして次の塾からは、過去の入試をたくさんやって、入試に備えました。先生もいっしょにがんばってくださって、とてもうれしかったです。
そして新しい年になってすぐ、入試がありました。入試は、先生といっしょにがんばった成果で、問題もすらすらと解けて、無事、合格しました。ぼくは、とてもうれしかったです。
ぼくは、今まで先生に教えてもらったことをしっかりと身に付けて、中学校をがんばっていきたいです。今までありがとうございました。

個別の先生との出会い(H.Mさん)

宮崎第一中学校、鵬翔中学校、宮崎日大中学校 合格

私が栄進中央校の個別に入塾したのは、六年生になった頃でした。
それまでは、三年生から五年生の九月まで他塾の集団教室に通っていました。
もともと、宮大附属小に在校していたので塾で勉強しながらも、五年生の中頃にそのまま、宮大附属中に上がることに決め、塾は、中学生になってから行けばいいと考え、塾に通うことを辞めてしまいました。
でも、そこから私の気持ちの変化が現れ始めました。塾を辞めた後、あれだけ勉強していた私がほとんど勉強しなくなり、テストがなくなり気持ちは楽になったけど、何故か学校の問題だけでは物足りなさを感じ、もっと難しい問題も解いてみたいと思い始めていました。
母に相談し家庭教師の先生に来てもらったり、自宅でできるネット塾を申し込んだり、自宅で勉強する方法を色々試していました。そうした中六年生に上がる頃、自分の中でやっぱり受験をしたい気持ちがふつふつとわいてきました。
「私、附属中には上がらない」「他校を受験する」とまたまた母に相談。そして、私の中学受験のための勉強が始まりました。
栄進個別の先生との出会いは、私にとってとても良いものでした。
先生方のおかげで楽しく勉強をすることができ、受験というプレッシャーも感じる事なくマイペースで勉強することができました。
そして、目標にしていた私立中学の三校全て全特待資格を取り、自分の行きたかった学校の合格をもらうことができました。
合格した今、受験をしない…また受験をする…右往左往する私の気持ちの変化に、その都度対応してくれた両親と栄進個別の先生方にとても感謝しています。

自分を信じて(T.Yさん)

宮崎大学附属中学校 合格

私が栄進に通いはじめたのは夏ごろでした。
そのときの私は、塾はこわい先生だらけの、楽しくないところだとずっと思っていました。
そんな私に、先生方は「こんにちは。」と笑顔で気持ちの良いあいさつをしてくれたことを覚えています。
楽しくないと思っていた場所がとても明るくて楽しい場所へと変わりました。
入ったばかりの何もわからない私に、先生方はたくさんの事を教えてくれました。
私は理科と社会が苦手で、あまり好きではありませんでした。先生方にそのことを相談すると、覚えておきたい言葉や人物の名前をまとめたプリントを持って来て教えてもらいました。
また、算数の少し難しい問題は、分かるまで教えてくれました。そのおかげで、今ではたくさんの問題が解けるようになりました。
そして受験が近くなると、ほとんど毎日塾に通い、特訓には全て参加するようになりました。
夜おそくに勉強していると、お母さんもいっしょに勉強をしてくれた日もありました。そのおかげで、模試の成績も少しずつ上がっていきました。
しかし、受験の一週間前、私にインフルエンザがおそってきたのでした。このときに私は、受験をあきらめていました。「もう私はだめだ」と思ったからです。
しかし、こんな私に元気をくれたのは、優しい塾の先生でした。先生方は、こんな言葉をかけてくれました。
「自分を信じて!元気を出してがんばっていこう!」
この言葉を聞いたときに、自然と勇気、そして自信がわいたのです。
「今の私になら、きっとできる!」と思うことができました。
そして受験当日、会場には私に勇気と元気、自信をくれた先生方が来てくれました。
問題は難しかったけど、一問一問をまちがわないように、落ち着いてやりました。
そして見事に第一志望校の宮大附属中学校に合格することができました。
とてもうれしかったけど、うれしさと同時に感謝の気持ちがありました。
もし、あのときに先生方がいなければ、私はあきらめて合格できていなかったと思います。
この受験で学んだことはたくさんあるけれど、勉強以外に「あきらめずに自分を信じてみる」ということが大切であることがわかりました。
これからはもっともっと自分を信じて、何事も挑戦していきたいです。

ページの先頭へ