宮崎市の学習塾「栄進」は中学受験、高校受験、大学受験
を控えた生徒をサポートし、第一志望校合格に導きます!

合格体験記

苦手を克服(G.Rくん)

宮崎大宮高校文科情報科 合格

部活を引退した直後の夏休み、私は栄進中央校の個別指導部に入塾しました。
それまで部活しかしていなかったというのもあり、成績が徐々に下がっていることを感じたからです。
塾では、苦手であった国語と英語をおもに教えていただきました。
国語は特に苦手意識が強く、はじめは勉強の仕方さえもわかりませんでした。
しかし、学校では習うことのできないような、「解き方のコツ」を教えていただいたことで、解けるようになっていっていることが自分でも分かりました。
そして、最後の地区実力テストでは、自分でも信じられないほどの成績をとることができました。
その頃には、国語にも、英語にも、苦手意識は無くなっていました。英語にいたっては、得意教科になっていたようにも思います。
その後も成績を下げることなく、私は第一志望の高校に合格することができました。
今改めてふりかえってみると、私が高校受験に成功することができたのは、できていない部分に的を絞った学習をしていただいたことにあると思います。
これからは、自分でも間違えた理由をしっかりと分析し、苦手を克服できるようがんばります。
入塾から受験までの約半年間、本当にありがとうございました。合格を勝ちとることができたことを、本当に感謝しています。
これからも、三年後の大学受験に向け、どうぞよろしくお願いします。

志望校合格へ(K.Eさん)

宮崎商業高校経営科学科 合格

私が志望校に合格したのは栄進の先生方のおかげだと思います。
私は、栄進に入る前、英語と数学が特に苦手でした。分からない所があるとそのままにし、そのままにした所が分からなくなるという悪循環を繰り返していました。
また、私は部活に入っていたので勉強する時間もあまりなく、成績も思うように上がりませんでした。
しかし、私は栄進に入り個別で英語と数学を教えてもらいました。自分のペースで進められる所が良く、そして、だんだんできるようになってきました。
私は推薦入試を受けました。今年から推薦入試に学科試験があり、英語と数学がありました。苦手な教科だったので、ちゃんと解けるかとても心配でした。
しかし本番では、苦手だった英語の文法も、数学の関数も解け、安心しました。結果は合格でした。
これまで、私にたくさんの事を教えて下さった先生のおかげで私は合格できたと思います。
英語では、基本から教えていただき、同じ間違いをしないように繰り返して言ったり、数学では、私が間違えた問題を私が分かるようになるまで教えていただき、先生方には感謝しています。
分からない問題を分かるようにするには大変ですが、これからも、分かるようになるまで解けるようにしたいです。
志望校合格させて下さった先生に感謝してます。今まで本当にありがとうございました。

栄進に入って得たもの(U.Mさん)

宮崎北高校普通科 合格

私は夏期講習から、栄進の青葉校個別指導部に入りました。
塾に入ってからは楽しい時間よりつらい時間の方が多かったです。
そんなつらい時期を支えてくれたのが家族であり、共に受験する仲間であり、塾の先生方でした。
塾の中三の皆は本当に毎日勉強を頑張っていてとても良い刺激になりました。中三の皆がいなければ受験を終えるまで勉強できなかったと思います。
塾の先生方も仕事が終わったのに分からないところを教えていただいたり、急がしい中で私たちのことをとても一生懸命に考えてくれました。
塾の先生方がいなければ志望校に合格することもできなかったと思います。
塾に通う中で成績が伸びずに悩んだ時期もありました。
何回やっても解けない問題や昔はできた問題ができなくなるなど勉強する中でなん回も壁が立ちふさがりました。しかし、その壁を一つ一つ越えて今があるのだと思います。
何回してもできない問題は、できるまでやり続け、できなくなってしまった問題はもう一度はじめから見直しをしました。
私は一次関数がとても苦手で一次関数をすることから逃げていました。その時塾の先生が一日一問としてプリントを渡してきました。
最初は先生の力がないと全然できずに、プリントをすること、塾に行くことが嫌になりました。しかしその悪夢の一次関数を乗り越え、問題を見るだけで解けない、無理だという考え方から早く解きたいという気持ちになりました。
「継続は力なり」という言葉があるようにあきらめずに続けることの大切さ、続けることで必ず自分の力になることを学ぶことができたのもこの塾に入ったからだと思います。
塾に入って一番きつかったのは入試実践トレーニングです。実トレは本当にきつくて、最後の方は本当に意識が飛んでしまうほどきつかったです。
ですが先生方の熱意に答えられるように毎週土曜日頑張ることができました。それにきつかった実トレをのりこえることができたからこそ志望校に合格することができたのだと思います。
あの苦しさとつらさをたえることができて本当に良かったと思います。
この塾に入っていろんなことに気付くことができました。先生たちが親身になって教えていただいたおかげで合格したようなものだと思います。
そんな先生たちを裏切らないためにも高校でしっかり頑張りたいです。
また、お金を出して塾に行かせてくれた親にもしっかりと感謝したいです。
この栄進に入って、本当に良かったです。

苦しみながらも頑張れた自分(N.Sくん)

宮崎西高校普通科 合格

僕は宮崎西高校普通科を合格することができました。しかし合格するための道のりは険しくとても苦しいものでした。
僕は中学三年の春に栄進青葉校個別指導部という塾に入りました。
しかしまだ入った当時はあまり高校に合格するという意識はなく何気なく自分の学力を上げるために日々毎日通っていました。
しかし9月のテストで最低点数を出してしまい正直やばいと思い、本気で高校に合格するための勉強という形で塾に通うことにしました。
しかし自分が捨てた時間は大きいものであり、受験直前までなかなか上がることもありませんでした。しかし僕はあきらめませんでした。
とにかくテストをうけてはすべての教科のやり直しをし、今後の勉強の仕方なども改善し、テストの取り組み方も先生方と考えました。
なので僕は必ず自分は力がついていると信じていました。しかし僕はネガティブ思考であり、心配性なので、勉強するものの日々不安や苦しみにたえていました。
私は先生に言われたことはやり続けました。
国語や英語ではファイルを作り地区実力テストや県統一テストなどの過去問を毎日解き、やり直しもしていました。
数学でもファイルを作り、1日第問を1つ解いては、先生に丸つけをしてもらいやり直しを先生と一緒にしていました。
社会は正直なにもしていません。しかし理科はどの教科よりも一番やり込みました。中学一年から三年までの範囲をすべてノートにまとめ、寝る前や暇なときにずっと読んでいました。
塾でもノートを先生に預け出された問題を口答でこたえていました。この各教科の勉強の仕方と実トレなどのテストのやり直し、勉強などが僕の受験勉強でした。
こんな事をしながらも僕は正直ずっと不安でした。そしてあまり成績はのびず、志望校を大宮から西校に変更しました。とても悲しかったです。
大宮という高校から逃げたと思う時もありました。しかしその反面、西高に必ず入り上位をとると心に誓っていました。
そして受験では自分なりはとてもいいパフォーマンスはできませんでしたが自己採点では自己ベストをたたき出すことができ、見事合格することができました。
しかしあまり自分は喜ぶことはできませんでした。なぜならいまからが本当の受験だと思っていたからです。
いまは高校の勉強をだれよりも早く勉強しています。自分にとってこの中学3年の一年間はとても自分の身になる一年でした。
喜びもあれば苦しく不安なときもあり悲しいときもありました。僕はいつも不安で胸がいっぱいでした。家では正直あまり勉強はしませんでしたがとにかく塾には早く行き夜遅くまで一生懸命がんばることができました。
今の自分は不安ということにたえ、一生懸命に努力したのであると思います。自分は誰よりも努力した自信があり、この先も努力する自信があります。
この受験の時期に学んだ事は自分にとっての宝であり、財産です。

高校受験を通して(M.Yくん)

宮崎西高校普通科 合格

僕がこの高校受験を経験し、感じたことが二つある。
一つ目は、気持ちのコントロールの大切さだ。僕は、推薦入試で
一度失敗した。推薦の時は、それまでが勉強不足だったのか、自信が全くというほど無い状態で受験した。そのため、不合格だった。
しかし、その後から、毎日三時間以上勉強し、学力はもちろん、自信もついてきた。その結果、合格することができた。
勉強量の違いというのも理由の一つだが、何より、自分に対しての自信、が一番の理由だと思う。だから、自分の気持ちをコントロールする力も大切であると考える。
二つ目は、周りの人々の大切さだ。受験勉強中は多くの人にお世話になった。
その中でも特に、家族や友人、学校や塾の先生の支えが大きかったと思う。
家族は日ごろから手助けや勉強のできる環境作りに励んでくれた。友人は、たまっている悩みを相談したり、おしゃべりをしたりして、リラックスできる空間を作ってくれた。
先生方は、生徒一人一人の進路を我が子の様に一緒に悩んでくれた。また、少しの言動でも気にかけてくれた。
こんな、あたり前の様に過ごしていた時間も、全部周りの人々のおかげで成り立っている、ということを改めて実感できた。
今では遅いかもしれないけど、ありがとう。この恩は絶対に返したいと思う。
これからも、この経験を生かして、人に感謝のできる人になりたい。

ページの先頭へ